プロフィール

スタッフ

■ 和める、隠れ家個室で!何名様でも個室宴会OK最大45名様
  

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2009年3月10日 (火)

美肌になる コラーゲン鍋研究中

コラーゲンとは何か


コラーゲンとは私たちの体の中でどのような役割があるのでしょうか。
人間の体が新陳代謝をするとき、最も大切な成分はたんぱく質です。このたんぱく質の新陳代謝が衰えることによって、老化が進んできてしまうのです。この大切なたんぱく質の約3割がずばりコラーゲンなのです。
コラーゲンの役割は、大きく言って体内の組織を結びつけること、水分を保つことです。そのためコラーゲンが体内から減ってくると、肌にツヤがなくなり、保湿力も低下し、乾燥した肌になってしまう可能性があるのです。加えて、大人が一日に必要なコラーゲンの量は5gとされています。
また、コラーゲンの効果ははお肌だけではなく、白内障や老眼予防にも良いと言われています。それは目の水晶体、角膜にもコラーゲンは多いためです。また、関節部分にも多くコラーゲンがあるので、コラーゲン補給は関節痛予防にも効果的と言えるでしょう。



2009年2月 4日 (水)

当店自慢の美肌コース

美肌コースに使われている豚肉の豆知識scissors
日本では弥生時代の遺跡から出土した従来イノシシと思われた骨が豚の骨と判明した。古墳時代の遺跡からも豚の骨は出土している。『日本書紀』、『万葉集(萬葉集)』、『古事記』に猪飼、猪甘、猪養などという言葉があり(「猪」は中国ではブタのことを指す)、その当時は日本でも豚の飼育が行われていたことが伺える。sign03

その後、天武天皇5年675年に最初の肉食禁止令がだされ、4月1日から9月30日までの間、稚魚の保護と五畜(ウシ・ウマ・ニホンザル・ニワトリ・イヌ)の肉を食べてはいけないとされたがこれに豚はふくまれていなかった。戦国時代にキリスト教イエズス会の宣教師たちが、キリシタン大名たちを介して肉食の慣習を日本に持ち込んだため、一時的に豚肉が食べられるようになった。paper

やがて日本本土では豚肉を食べる習慣は廃れたが、南西諸島の旧琉球王国地域では日常的に養豚が為されていた。そして、現在の沖縄料理では最も重要な食材となっている。しかし17世紀以前は牛肉がその座を占めていたが、羽地朝秀の改革によりウシの食用が禁止され、その後冊封使節団を接待するため王府によりブタの大量生産が奨励された事なども相まって、牛肉に代わる存在となっていった。沖縄で飼育されている豚は、1385年に渡来したという琉球王国時代より続く血統の黒豚「アーグ」が有名。「アグー」または「シマウヮー(“島豚”の意)」とも。scissors

また琉球だけでなく、薩摩地方でも豚は飼育され食用にされていた。1827年の佐藤信淵著『経済要録』には、薩摩藩の江戸邸では豚を飼育し、それによって取れた豚肉を町で売っていたという記録が為されている。また、江戸ではももんじ屋などで食べられた。1845年5月2日の書簡によれば、江戸幕府最後の征夷大将軍・徳川慶喜は、島津斉彬から父・徳川斉昭宛てに豚肉が送られていたという。そのせいか、彼は豚肉を好んで食べており、下々の者たちから「豚一様」と呼ばれていた。「豚一様」とは、「豚肉がお好きな一橋様」の略称である。

新選組も西本願寺駐屯時に、松本良順の勧めで神戸から子豚を持ち込んで養豚し、食べていた。豚の解体は木屋町の医者・南部精一の弟子に依頼していた。福澤諭吉著『西洋衣食住』には、緒方洪庵の適塾にて学ぶ塾生たちも豚を食べていたとの記録が為されている。sign01

shine明治維新以後は日本全土で豚肉が一般に食べられるようになり、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』にもそのことに関する記述が見られる。特に関東大震災後の関東地方ではにわかに養豚ブームが起き、豚肉の供給量が増え安価になったため、庶民たちにも比較的手の届くものとなった。関東を中心とする多くの地方で「肉」と言えば豚肉のことを指すようにもなった。なお、関西で「肉」と言えば牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばれる事が多い。従って関西では、豚肉などを使った中華まんのことを「肉まん」とは呼ばず「豚まん」と呼ぶ。
flair

靱本町 個室居酒屋 桜坂 靱本町店 のサービス一覧

靱本町 個室居酒屋 桜坂 靱本町店